バイクと駅と日常と

バイクのこと、鉄道の駅のこと、そして日常の出来事などを思いついた時に書いてみます。

横川駅/碓氷峠鉄道文化むらEF63~信越線2

前回に引続き、EF63のお話です。
お昼を食べた後、EF63を見に行きます。
EF63は、横川-軽井沢間にある急勾配を通過する列車が安全に通過出来るように、後ろから押したり、前でブレーキを掛ける補助機関車だったんだそうです。
あまりに特殊な用途だったため、横川-軽井沢間が廃止されてしまうと、別のところで活躍出来ずに線路と一緒に役目を終えてしまったんでしょうね。





6ef63_2_2
近くで見るとEF64に比べ、少し角ばった印象を受けます。





遠目で見るとEF64と同じ様に見えましたが、近くで見るとややシャープな顔つきで、無線機のポールアンテナや支援する列車の制御用でしょうか、電気信号用コネクタが連結器の近くにたくさんついていて、連結器も特殊です。 だいぶEF64EF65とは違う印象です。





Ef63_connector
双頭連結器という特殊な連結器と、たくさんのコネクタがついてます。


Ef63_5
1号機が茶色塗装されて展示されてました。渋い!




実際に運転されて動いているEF63を近くで見ましたが、やはり迫力が違います。






7ef63_1
実際に稼働状態にあるのは4両



Ef63_4
実際に運転してた方は、パンダグラフ上げたり下げたり、楽しそうでした。







EF63を間近で見たり動いているところを見ていて、自分も運転してみたくなりました。
ただ、料金が。。。講習費用\30000、運転1回\5000掛かるそうです。うーん。





Ef63ckpt
EF63の運転席。私も誘われている(様な気がする)。『おいでー楽しいよお』(笑)



EF63を堪能して、『今年中に計画して乗りたいなー』と思いながら、今回は横川を後にしました。 



碓氷峠鉄道文化むら』は、たくさんの車両が展示されていて、とても見ごたえがあり楽しめましたので、おすすめしたいです。
また訪ねたいと思います。(次回はEF63を運転するために訪ねたいなー)

それではまた。。。